小顔になる方法は美容整形で気軽に出来る【小顔美人になるなら整形】

女性

まずは原因を見極めて

笑顔の女性

正しい方法で満足度アップ

整形で小顔になる方法は顔の骨を削る以外には無いと考えている方もいるでしょう。もちろんエラやアゴを削ることも一つの方法です。しかし、大きな顔に見える原因は必ずしもエラやアゴの骨だけではないため、他に原因がある場合はもっと適した別の方法を選ぶ必要があるのです。大きな顔に見せている原因はエラなどの骨格の問題以外に、肉付きの問題があります。痩せていても顔の肉付きが良いという方もいるでしょう。ダイエットしても顔だけはなかなか痩せないといったような方も肉付きに問題があることが考えられます。この場合は骨を削るのではなく顔の脂肪を取っていく方が適していると言えます。体の脂肪吸引と違って顔の場合は少しずつ脂肪を溶解していくようなさらに繊細な技術が要求されます。たくさんの症例を扱って経験豊富なドクターを選ぶと安心です。肉付きが脂肪ではなく筋肉の場合はボトックス注射も有効です。そして、意外な方法としてはアゴを尖らせたり鼻を高くすることも小顔になる方法です。凹凸やメリハリの少なさが顔を大きく見せている場合もあります。一ミリ違うだけで顔の印象は大きく変わると言われています。鼻やアゴを少し整形するだけで小顔に見せることもできるのです。

簡単にできる施術も

顔の大きさは骨を削るしかないと諦めていた方もいるのではないでしょうか。骨を削るのはプチ整形とは言えず、お金もかかりますし本格的な手術と入院も必要となります。そこまでするほどの余裕は無いという方も多いでしょう。しかし、骨を削ることだけが小顔になる方法ではないということが分かれば、もう諦めなくても良いのです。簡単にできるプチ整形と呼ばれる施術は増えていますが、顔を小さく見せることも可能な時代になっているのです。骨を削って単純に顔を小さくするということだけではなく、小顔になる方法にはバランスを整えるということも大切なのです。大きな顔に見えている原因を追求しなければ、どんなに大掛かりな整形をしても満足できないということにもなりかねないのです。美しさはバランスの良さにあります。そのバランス感覚は人それぞれ違っています。美意識が高くセンスの良いドクターを選ぶことの重要性はこういったところからも理解できるのではないでしょうか。骨を削るよりも、ほんの数ミリだけアゴを尖らせるだけで理想の顔になることができる方もいるのです。そこに気づけるかどうかはドクターの技術や経験にかかっていると言っても過言ではないでしょう。