小顔になる方法は美容整形で気軽に出来る【小顔美人になるなら整形】

女性

小顔になるために必要な事

女性

タイプ別に小顔にする方法

顔には色々なタイプがあって、それによって顔が大きかったり大きく見えたりします。どのようなタイプがあるかというと、脂肪や筋肉がついているもの、皮膚がたるんでいるもの、骨格が大きいものなどです。美容整形ではこれらのタイプ別に小顔になる方法があります。顔に脂肪が多いタイプの場合、小顔になる方法としては脂肪吸引があります。余計な脂肪を溶解する薬剤を注射することで特に頬の脂肪を減らして全体的にすっきりさせることができます。顔の筋肉が発達している場合にも注射をするのですが、この場合にはボトックス注射をします。効果は1年ぐらいしか持たないのですが、回数を重ねていけば自然にスッキリとした顔になります。皮膚のたるみによって顔が大きく見える場合にはレーザー治療を行います。レーザーを照射することでコラーゲンの生成を促進し、肌を引き締めるやり方です。頬骨が突き出ていたり、エラの骨が張っている場合の小顔になる方法としては、骨を削るのが最も良い方法になります。この施術をすれば頬から顎のラインをスッキリさせることができ、元に戻るようなことはなくなります。口の中から手術するので傷跡が見える心配がないため、今後は骨格を削って永遠に小顔になる方法を選択する人が増えていきます。

日常生活で小顔にする工夫

小顔になる方法としては美容整形で施術を受けるのが最も確実です。しかしいずれは整形を受けるとしても、今はその余裕がないという人もいます。そのような人は、普段の生活の中で工夫することによって小顔に見せることができます。例えば寝る前にコップ一杯の水を飲んでおくと体内の老廃物を排出できます。朝起きたときに尿と一緒に流れ出るので、顔のむくみを解消できるのです。1度だけでは効果がないので、長く続ければむくみが取れて小顔を実感できます。また寝る時に顔を横にしてしまうと重さが片側だけに集まってしまって骨格の歪みにも影響しますので、なるべく仰向けに寝るのも工夫の1つです。仰向け専用の枕がありますから、それらのグッズを使うのもおすすめです。また顔の筋肉を引き締めるためには、両方の奥歯を使ってよく噛んで食べることが大事です。最低でも口の中で70回は咀嚼すると効果があります。また体内の代謝を促すのも老廃物を体外へ排出することになるので、適度な運動をすることも大切です。食事も塩分を取りすぎないことが大事です。取りすぎると体内に老廃物が溜まりすぎてしまうので顔のむくみの原因にもなります。このようなことを日常生活で工夫して、さらに整形で小顔になる施術を受ければ完璧です。