小顔になる方法は美容整形で気軽に出来る【小顔美人になるなら整形】

女性

モデルさんのような顔に

美容整形

女性であれば、誰もが憧れる、「小顔」ですが、自分の工夫次第で印象を変えたり、小顔効果が期待できたりと、「小顔になる方法」があるのです。まず、小顔になる方法のひとつに、「髪型」があります。例えば、ストレートヘアの人とパーマの人では、パーマの人の方が小顔に見えるのです。それは、髪の毛にボリュームを出すことによって、顔が小さく見えるというものです。同じように、小顔に見せたいのであれば、「服装」も大切です。トップスを選ぶ際には、ボリューム感のあるニットやスヌード、マフラーなどの小物で小顔に見せることもできます。また、顔の大きさもそうですが、意外と悩んでいる人の多い、「下膨れ顔」の人は、サイドの髪の毛をおろして、輪郭をごまかすという方法も効果的です。他に、顎が小さく、他の歯を押しているような状態の場合、親知らずを抜くと、小顔になるということもあります。最後に、顎のたるみを解消して、小顔に見せるためには、「エクササイズ」も大切です。やり方は簡単で、口を閉じた状態で、舌を左右にグリグリと回します。このエクササイズは、唾液の分泌量を増やすので、口臭の改善やドライマウスにも効果的です。また、軽度の顎関節症にも効果が期待できます。

自分でできる小顔になる方法には、限界があります。どうしても気になる場合には、「整形」を利用するのもひとつの手です。近年、美容整形の技術はかなり進化していて、目立ちにくいものや短期間でできてしまうものも多くあります。まずは、「輪郭」ですが、エラが張っていたり、顎が長かったりすると、「骨を削る施術」を利用します。最新の技術を使って行うと、スピーディーに、そして安全性の高い施術をうけることができます。また、「顎が後退している」場合には、「切らない整形」という小顔になる方法を選択することができるのです。これは、まさに最新技術といった感じなのですが、他の部分から取った脂肪を、そのまま顎に注入することによって、顎をつくるという施術です。仕上がりも自然ですし、ほとんど腫れることもないので、仕事が忙しい人でも手軽にうけることができます。他に、「小顔注射」の技術も上がってきていて、より短期間で効果のでやすいものが増えています。この小顔注射は、メスを入れることなく、注入した成分によって、脂肪を分解し、肌をひきしめてくれる効果が期待できるのです。価格も手頃で、腫れも少なく、周囲の人に気づかれないという点でも人気の高い整形技術です。このように、美容整形技術は、どんどん進化しています。今後はさらに、痛みが少なく、効果がでやすい施術が増えると予想できます。